MENU

気になる産後の前髪の抜け毛の対策

産後は女性ホルモンバランスの関係で抜け毛が多くなってしまうことがあります。産後の抜け毛で特に前髪が気になっている人も多いです。前髪だけが気になっていると言う場合には血行不良が原因であることも多く、抜け毛の対策としては髪に負担が少ないヘアケアやマッサージが効果的です。気になる部分を手で触ってみて硬くなってると感じる場合は頭皮の血行が悪くなっています。その場合はマッサージが効果的です。

 

やり方は頭全体を両手のひらで覆うようにして、頭皮を頭の上に持ち上げるようにもみほぐしていきます。30秒ほど行ったら次に、頭全体を全部の指の腹を使って円を描くように30秒ほどもみほぐします。毎日、空いている時間などに行うようにすると血行を促進することができ、抜け毛を防ぐことができるようになってきます。ヘアケア方法としては、毎日の洗髪後にドライヤーを使って乾かすことが多いですがその際に、何気なく前髪だけ長時間使っていると抜け毛を増やしてしまいます。全体的に同じように使うことを心かげるようにしましょう。洗髪の際は指の腹で優しくマッサージするようにして頭皮を洗いましょう。髪の水分を保つためにはトリートメントをするようにすると良いでしょう。

 

 

マッサージに使用したい女性専用の育毛剤

産後の抜け毛で目立つ前髪のスタイリング方法

出産後に抜け毛で悩む方は7割とも言われています。出産後の抜け毛は、ホルモンバランスの変化が原因とされています。産後すぐは女性ホルモンが急激に減少し、髪が一定期間、一気に抜けてしまうのです。改善方法としては、食生活を改善すること、睡眠をしっかりととること、ストレスをためない様気を付けること、頭皮のお手入れをすることなどがありますが、抜けてしまった髪の毛をどうするかで悩む方も多いでしょう。

 

だいたい脱毛は産後しばらくから始まり、半年から一年後まで続く場合が多いようです。
そのあいだ、少しの工夫で素敵なヘアスタイルで過ごすことができるのです。

 

抜け毛は前髪が特に多くぬける場合が多く、もともとのヘアスタイルがおでこを出している場合、とても目立ちます。できれば前髪のあるスタイリングが目立ちにくいです。抜けてしまった毛が生えてくるとき、細く短い髪の毛が生えてきますので、他の毛と馴染みにくいのです。
ですので生え始めた毛が、元ある毛になじむまで、横に流したり、前髪のあるヘアスタイリングにすると、違和感がありません。
切りたくない場合は、サイドから斜めにおろし耳の上でピンでとめると、スッキリとした素敵なヘアスタイルに見えます。

産後の抜け毛対策に便利な前髪ウィッグの使い方

出産後多くの女性が抜け毛を経験します。
その原因は、ホルモンバランスの変化と言われています。産後間もなくから抜け毛が始まる場合が多く、半年から一年の間で落ち着いてくる場合が多いです。

 

ロングヘアの方などはシャンプーのときにびっくりするほどの毛が抜け落ちて、驚く方も多いでしょう。
特に前髪周辺の毛が目立って抜けることが多く、前髪がないヘアスタイルの場合は目立ってしまいます。
かといって前髪を作りたくない場合や、自身の毛髪では隠しにくい場合は、ウィッグを使って目立たなくする方法があります。

 

頭全体のウィッグと違い、装着の不自然さや装着感に違和感もなく、ムレなどもありませんので、気軽に使用できるのが魅力です。髪色もさまざまな物が販売されていますので、自身の毛髪に合った色のウィッグを選ぶことで、より自然に見せることができます。産後の脱毛は一時的なものですので、そのような方法でイメージチェンジを楽しみながら乗り切ることで、抜け毛のストレスを解消することができます。脱毛した毛が生えてくるときは、ほかの地毛よりも細く短い毛がおでこに生えてくるので、目立ちますが、生えそろうまで使用することで、髪型もオシャレにキープできます。

 

産後の抜け毛は育毛剤で解決

産後抜け毛は育毛剤で解決する若いママが増えています。おしゃれなデザインの育毛剤なら年代関係なく使用できます。