MENU

産後の抜け毛とホルモンバランスの関係性

産後、抜け毛に悩む人は多く、特に産後3か月頃から悩むことが多いようです。それはホルモンバランスの乱れだ、とは聞きますが、ではどのように乱れ、関係してくるのでしょうか。

 

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類に大きく分けることが出来ます。妊娠するとこれらのホルモンが一緒に、通常以上に分泌されます。しかし、出産が終わり、大量のエストロゲンとプロゲステロンは必要なくなり、妊娠前の正常な状態に戻ろうと急激に両方のホルモンが減少しようとします。この変化があまりにも急なため、身体は変化についていけなくなり様々な不調が起こります。この不調の一つが抜け毛となります。

 

エストロゲンは髪の毛の成長を促し、プロゲステロンは育毛を維持する働きがあります
出産後、その両方が減少することで、髪の毛が大量に抜けてしまう可能性があるのです。

 

急激な女性ホルモンの変化だけでなく、出産後の生活習慣の変化も関わってきます。夜泣きや夜中の授乳による睡眠不足、初めての育児や兄弟そろっての育児などの不慣れな生活からのストレスで、女性ホルモンの分泌を不十分なものにし、抜け毛にも関わってきます。
しかし、出産後の抜け毛は一時的な現象です。ある程度の期間が経てばホルモンバランスが元に戻り、生活のリズムも整えば、抜け毛も自然と解消されていきます。そのため、当たり前のことなのだと、あまり気にしすぎないようにすることも大切かもしれません。

産後のホルモンバランスが抜け毛の原因です

初めての出産後、急に抜け毛が増えてびっくりしたという女性は増えています。
産後に抜け毛が増えるという状況は出産を経験した女性の多くが感じているのです。
ではなぜ出産をすると抜け毛が増えるのでしょうか。
原因としては慣れない子育てによるストレスや、睡眠不足、栄養不足なども考えられますが、最も大きな原因として挙げられるのがホルモンバランスの変化です。
妊娠中の女性の体内では卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が多くなります。
髪の毛は成長期、退行期、休止期という3つの期間を繰り返しながら生え替わっていきますが、髪の毛は女性ホルモンの分泌が増えると抜けにくくなりますので、女性ホルモンの分泌が多い妊娠中には普段よりも抜け毛が少なくなるのです。
しかし出産をすると女性ホルモンの分泌量は一気に少なくなりますので、それによって髪の毛が大量に抜けるという仕組みになっています。
これらの抜けてしまった髪の毛は2〜3か月程度の休止期を経ると再び成長期に入って生え始めますので、数か月間薄毛になっていてもその後は徐々に髪の量は増えてきます。産後の抜け毛で悩んでいる方も、半年〜1年程度で落ち着くはずですので、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

女性の抜け毛・薄毛の原因エストロゲンについて

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」があります。エストロゲンは、女性らしい身体を作る働きをし、髪の毛にハリやツヤを与える効果があります。一方のプロゲステロンは、妊娠に必要なホルモンです。月経の周期に合わせて、この2つはバランスを保っています。しかし、何らかの原因でホルモンバランスが崩れてしまうと、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまう事があります。
ホルモンバランスが乱れる原因の1つは、加齢です。年齢を重ねるごとに、女性ホルモンの分泌量は少なくなっていきます。特に閉経後は、その傾向が顕著になります。そのため、髪の毛の成長作用も低下し、抜け毛を引き起こしてしまうのです。
出産後もホルモンバランスが崩れやすい時期です。妊娠後期になると、加齢の時とは逆に、エストロゲンの働きが活発になります。すると、本来ならば抜けるはずの髪の毛が、抜けずに残ります。出産後はホルモンバランスが元に戻るのですが、この時に普段抜ける髪の毛に加えて、抜けずに残った髪の毛も一緒に抜けてしまいます。その結果、一時的に薄毛になってしまう事があります。
また、ストレスや生活習慣の乱れもホルモンバランスが崩れる原因です。これらは男性ホルモンを活発にさせ、女性ホルモンを抑制する要因となります。男性ホルモンの増加は、抜け毛を引き起こします。

 

産後の抜け毛は育毛剤で解決

産後抜け毛は育毛剤で解決する若いママが増えています。おしゃれなデザインの育毛剤なら年代関係なく使用できます。