MENU

20代の薄毛の悩みとよくある症状

年を取ってから髪の毛が薄くなるのは仕方のないことですが、20代で薄毛の悩みを抱えてしまう場合は主に遺伝や男性ホルモンが原因で引き起こされるAGAによるものだと考えられます。AGAの特徴的な症状は、額の生え際から薄毛が進行していくことです。いわゆるM字やU字を描くように抜け毛が生え際が後退し始めたり、抜け毛が気になるようになっていきます。

 

このような時、抜け毛の悩みを解消しようと市販の育毛剤などによって独自にケアを始める方は少なくありませんが、AGAで薄毛が進行している場合、独自の育毛ケアではあまり効果が出ないのが特徴であり、あれこれ試している間に悪化してしまう可能性もあります。またなにもせずそのまま放置していても、AGAはどんどん進行していきます。症状が進行することで発毛を支えている毛根細胞が死滅してしまうと、そこからはもう発毛しなくなってしまいますので、なるべく早く治療に取り組むことが重要となってきます。

 

ただし、20代で薄毛がはじまっても必ずAGAというわけではありません。
食生活や睡眠時間、ストレスなども発毛に大きな影響を与えるものです。また若いうちは頭皮の皮脂分が多いため、皮脂づまりで抜け毛が増えて薄毛になることも考えられます。ですので、20代で薄毛が気になってきた場合は、まず病院でなにが原因で症状が起きているのかを調べることが大切なのです。"

20代から薄毛の悩みを予防する方法

一般的に薄毛の原因は加齢によるものが多い、と言われています。しかし、最近では20代でも薄毛の悩みを抱えている人が増えています。原因として考えられるのは、頭皮ケアの方法が間違っていることや、ストレス、ダイエットなどです。

 

特に20代の頃はスタイルへの考え方が極端で、栄養素摂らないでダイエットに励む人が多いです。特に女性はその傾向が強く、摂食障害など精神的な病気に罹る危険性が男性よりも高めです。また、不規則な生活に陥りやすく、食生活が乱れやすくなります。
また、間違った頭皮ケアを続けてしまったために、髪や頭皮の状態が悪くなり、薄毛の悩みにつながってしまうこともあります。

 

20代の薄毛予防として大切なのは、頭皮マッサージをしっかりして、栄養を摂ることです。
特別難しいことは必要なく、毎日のシャンプーの時に地肌を洗うようにします。この時、地肌を傷つけないように指の腹で洗うことがポイントです。なんとなく洗ってしまわずに、全体を洗えたかをしっかりと意識しながら洗うようにしましょう。

 

食生活では、鉄分と亜鉛不足には気をつけるようにしましょう。鉄分が不足すると髪に十分な栄養素が送られにくくなりますし、亜鉛が不足していると髪の主成分であるケラチンの合成が阻害されてしまうからです。

 

産後の抜け毛は育毛剤で解決

産後抜け毛は育毛剤で解決する若いママが増えています。おしゃれなデザインの育毛剤なら年代関係なく使用できます。